2011年12月アーカイブ

お知らせ

ニコニ・コモンズがリニューアル

 ニコニコ動画では、ユーザー間で創作の連鎖が生まれるという、世界に類を見ない創作文化を発展させるべく、2011年12月13日に「ニコニ・コモンズ」をリニューアルしました。

 登録作品の利用条件を明確にし、登録作品を利用したい人が簡単に利用できるようにしたニコニ・コモンズの従来機能は「素材ライブラリー」として引き続き提供します。さらに、ユーザーがコラボレーションの元になった作品へリスペクトを示せる仕組みや、ユーザーの創作活動を支援する取り組みを新たにスタートします。

●権利の記録(ツリー)から、歴史の記録(ツリー)へ
コモンズツリーが「コンテンツツリー」に生まれ変わります。
コモンズ素材のほか、新たに動画や静画イラストにも対応。創作の元となった作品(親作品)を明示できるようになります。これにより、親作品の作者ににリスペクトの心を伝えられるほか、自分の作品が生まれた歴史をみんなに知らせることができます。

●クリエイター奨励プログラムを開始
創作活動とコラボレーションを支援する「クリエイター奨励プログラム」を開始します。クリエイター奨励プログラムに動画を登録してから3ヶ月間、その動画が公開され続ければ、奨励金を現金またはニコニコポイントで受け取れます。
また、派生動画が人気になった場合、その元となった動画・静画・コモンズ素材には「子ども手当」が支払われます。

詳細については、ニコニ・コモンズ ヘルプページをご覧下さい。
今後とも、ニコニ・コモンズをどうぞよろしくお願いいたします。

2011年12月13日|パーマリンク
目次へ 先頭へ

コンテンツツリー

コンテンツツリーの親作品が、作品IDで指定できるようになりました

ニコニ・コモンズのリニューアルから2日経ちました。
コモンズツリー改め、「コンテンツツリー」にたくさんの反響をいただきまして、ありがとうございました。

中でも多くのリクエストをいただいた、親作品を作品IDで指定できるようにする機能を、12月14日(水)に追加しました。

ツリー編集画面の「親候補作品」を選ぶプルダウンにおいて、「IDから指定」という項目を選んでいただき、作品IDを入力して下さい。作品IDとは、各作品のURL末尾にある英数字の組み合わせです。
(例:作品のURLが http://www.nicovideo.jp/watch/sm2525の場合、「sm2525」と入力してください)
作品IDを複数入力する場合は、スペースで区切って入力して下さい。

20111215_tree.gifその後、入力枠の右にある「+」ボタンを押すと、候補一覧がサムネイル付きで表示されます。親作品に指定したい作品を、ドラッグで「親作品」の枠に入れ、「この内容でコンテンツツリーを登録する」を押せば作業完了です。

なお、削除動画およびコミュニティ限定動画は親作品に指定することができません。(削除動画を親作品に指定したいというリクエストに対しては、現在検討中です)

また、12月14日に民主党が「子ども手当」の名称を「子どものための手当」とする案を決定したと報じられましたが、クリエイター奨励プログラムでは引き続き、親作品の作者に支払う奨励金を「子ども手当」と呼ぶことを決定しました。また、親作品の作者が「子ども手当」を子どものため以外に使うことについても問題ないとの見解で合意しております。

今後とも、ニコニ・コモンズをどうぞよろしくお願いいたします。



2011年12月15日|パーマリンク
目次へ 先頭へ
© DWANGO Co., Ltd.